■ 脱毛(IPLフラッシュライト脱毛)

IPL(インテンパレス・パレス・ライト)という特殊な光を発するマシーンを使用し脱毛します。
強力な白色ランプから出る様々な波長が混ざった光をフィルターにかけ、ムダ毛の処理が出来る波長の光を取り出し、その光を照射して毛根部を焼灼し発毛させなくします。
組織を傷つける事なく毛根部のみにダメージを与えるので、痛みが少なく短時間で広範囲のスピード施術が可能です。
ワキ・ビキニラインなどの濃い毛から、鼻の下などの薄い毛まで様々なタイプの毛質に対応出来ます
また、コラーゲン再生など美白効果も期待出来ます。

脱毛の価格はこちら

■ 毛の構造

毛の構造

毛幹
皮膚の表面から出ている部分。
普段、として見ているのがこの毛幹です。

毛根
皮膚の中にある毛幹の延長した部分。
構造上は同じものです。

毛包
毛根全体を取り巻く組織。

毛乳頭
毛根のいちばん下にあるくぼみの部分。
神経や毛細血管が集中しており、毛の成長に必要な栄養素を吸収しています。

※ この毛乳頭にダメージを与えない限り、毛は再び生えてきます。

毛母細胞
毛乳頭の上の部分。
毛乳頭から送られた栄養を源に細胞が分裂する事で毛が成長します。

■ 毛周期

毛には毛周期と呼ばれる、生え替わりのサイクルがあり、成長期・退行期・休止期の3期に分かれています。
毛の1本1本がこの周期を持っていて、生まれ変わりを繰り返しています。
脱毛時には成長期の毛がターゲットとなります。

成長期

成長期
毛が成長し伸びる時期。
毛母細胞の分裂が活発で毛が皮膚の表面から出ている状態です。

※ この時期に毛母細胞がダメージを受けると、毛は成長する事が出来なくなり、その後、生えなくなります。

退行期

退行期
成長を終えた毛が抜けるまでの時期。
毛母細胞の分裂が停止し、毛が抜け落ちる準備を始めます。

休止期

休止期
毛が抜け落ちる時期。
毛乳頭が栄養を送るのを休止している状態です。
その後、再び成長期に入ります。

■ 脱毛の仕組

1) 毛には光を吸収しやすいメラニン色素があります。
細胞分裂が活発な成長期の毛は、特にメラニン色素を多く含んでいます。

2) 光を照射する事で、毛は瞬間的に約70℃まで熱せられ、毛と周辺組織はダメージを受け、栄養を取れなくなります。
肌には温かく感じる程度で、皮膚の表面温度を上げる事はありません。

3) 栄養を取れなくなった毛は、老廃物として体外に排出されます。

4) 毛が無くなった後の毛穴は収縮して小さくなり、お肌はキレイになります。

■ 脱毛の手順

成長期毛

1) 成長期毛
毛には毛周期があり、成長期と呼ばれる状態の毛に最も有効に働きかけます。

剃毛

2) 剃毛
長いままの毛は、光エネルギーを分散し、毛母細胞まで届くのを阻みます。また、光の発する熱により縮れてしまう事もありますので、施術前に剃毛します。

ジェルの塗布

3) ジェルの塗布
肌を冷却し、保護する為に、専用のジェルを薄く塗布します。

ライト照射

4) ライト照射
光を照射すると、光は毛のメラニン色素に吸収され、熱エネルギーに変化し、伝導していきます。

タンパク質凝固・毛根の破壊

5) タンパク質凝固
施術後すぐに肌の表面上での変化は見られませんが、光のパワーにより毛根はダメージを受け、タンパク質が凝固しています。

毛の脱落

6) 脱毛
脱毛処理された毛は、個人差はありますが、1週間程度で、肌の再生に伴い押し上げられ、抜け落ちます。